豆盧紹介

韓天衡(1940~)は上海生れ、江蘇省蘇州の人。号は豆廬、近墨者または味閑である。書斎号は百楽斎、味閑草堂または三百芙蓉斎である。得意分野は書道、篆刻、中国画、美術理論と書画印鑑賞でもあります。その書道篆刻作品は奇抜で、立派で、清新で、強力な鮮やかな芸術スタイルをもっている。韓天衡は現代では深い芸術の素養があって、全面的な大家。作品は日本国文学部大臣賞、上海文学芸術賞などを受賞したことがある。2010年専門メディアに、「2009年度中国の書道の人物10人」の一人として選ばれた。また、韓天衡は『書譜社』創立の35周年に国内外の専門メディアから署名アンケートで「最も尊敬される彫刻家」や「35年間で最も傑出した彫刻家」(書法は启功先生が選ばれたこと)として選ばれて発表された。中国香港、台湾、マカオや日本、シンガポール、マレーシア、ドイツなどの地域で何度も個人の書画展示会を開催したことがあります。作品は大英博物館などの国内外の博物館・美術館に収蔵されたことがある。

また『中国篆刻芸大辞典』(編集主幹)、『韓天衡画集』、『韓天衡書画印選』、『韓天衡篆刻精選』、『天衡印話』、『天衡芸譚』など80本余りの著書を出版した。その中で『中国印学年表』『篆刻三百品』それぞれは第一回中国辞書評定三等賞、中宣部蘭亭賞を獲得した。『中国篆刻芸』は日本語版本がある。そして、何度も翻訳されたことがある。2001年、中国政府の委託を受けたことで、上海APEC会議の各 20ヶ国の首脳の姓名印章を篆刻した。当時の国家主席江澤民はそれを国の贈り物として各国(地区)の首脳に贈呈した。

現在は中国文化部中国芸術研究院中国篆刻芸術院院長、上海中国画院顧問(元副院長)、国家一級美術師、篆刻芸術委員会副主任、上海書法家協会首席顧問、西冷印社副社長、呉昌碩芸術研究会会長、呉昌碩記念館館長、中国石の彫刻博物館館長、中国社会科学院研究生院教授、上海交通大学教授、温州師範大学教授などの職務を務めている。国務院の特別手当を受ける専門家である。

日常写真
Copyright ©  2004-2018 Longday Infomation Systems Co.Ltd. All Rights Reserved. 韓天衡美術館   备案/许可证编号 : 沪ICP备13037873号
電話:021-59923360   ファックス:021-59923360   URL:www.hanartmuseum.org  技術サポート:http://www.longdayinfo.com

沪公网安备 31011402001280号